出来事

天気予報では雨の確率90%だったはず

子供が通っている幼稚園で先週「園外保育」についての用紙をもらいました。説明を見ると、公共機関の利用を目的とする保育でした。私の住んでいる地域は田舎のため、車を利用することが多くほとんど公共機関を利用しないのです。子供もすごく楽しみにしていたのですが、天気が雨の場合は中止という一言が添えられていました。

日が経つにつれ、園外保育の日だけで雨の予報。毎日確認しても雨。子供には大きな声で言えずにいたのですが、前日まで雨の降水確率90%だったのです。もう諦めていたのですが、園外保育の前日に前倒しで雨が降ったのです。そして翌朝起きると曇り。天気予報も降水確率40%。そして予定通り園外保育に行くことができました。予想外の展開で驚いています。

出来事

私の最近はまっているビーズについて紹介します。

私は最近、ビーズでアクセサリーやマスコットなどを作ることにはまっています。お正月に手芸店で福袋を買ったらビーズキットがたくさん入っていたので、作り始めたところ、思った以上にはまってしまいました。キットに入っているレシピを見ながらビーズを編んでいくのですが、形が出来上がっていく行程がとても楽しいのです。

また、私は黙々と作業をするのが好きなので、ビーズを編んでいると、時間を忘れてリラックスでき、ストレス解消になります。手を動かして作業するのが好きな方、もの作りが好きな方、ビーズアクセサリー・マスコット作りはおすすめですよ!手芸店だけでなく、ダイソーなどの100円ショップにもビーズキットが売っているので、手軽に始めることができます!

出来事

ウサギとカメ。子供の成長は無限大。

我が家は小学校中学年の子どもが2人おります。女の子と男の子の年子です。年子という事もあって、小さい時からいつも一緒にいるのが当たり前で、磁石のように気が付けばくっついていて、よく双子と間違われる程、見た目のサイズも同じほどです。

のびのびと自由に同じ環境で育ててきましたが、やはり小学生になるにつれだんだんと違いが出てきました。女の子はほっといても勉強が出来るが、男の子の方は、どうも勉強が出来ない。教えても教えても理解するまでに相当な時間がかかります。

しかしとても努力家ではあるんです。女の子の方は努力しなくても勉強が出来るため、努力をしないどちらかというと適当なタイプの子供でした。このままではどちらもダメだと思い、毎日毎日、私がルーズリーフに問題を作り、宿題以外にその問題をやらせてみました。問題を解き、間違いも直したら終わりです。短い時は1時間程。間違え続けたら2時間以上かかる事も多々ありました。最初は机に向かって集中する事すらできず、イライラしたり、適当に答えを書いたりしてよく怒られていた男の子。

与えられた問題はあっという間に終わらせてしまう女の子。と、それぞれ大きな違いがありました。約1年が経ち2人がどうなったかというと、男の子の方が著しく成長したんです。出来ない分、机に向かっている時間が自然と長くなり、問題をすべてやらなければ終わらないということが、自然と身体に染み付いているようでした。

イライラしたり早く終わらせようとしては逆効果だという事も、経験したからこそわかった事。確かに、女の子は勉強が出来ますが、今では男の子の方が集中力が持続しているのは明らかです。そして、勉強が出来ない思いを知っている分、早くできたときの喜びを知っています。

だからこそ、すごく前向きになったんです。あんなに最初は嫌々やっていた私の問題を、今では自分から催促してくるようになりました。1年前は、テストで50点や60点をとってくることもしょっちゅうでしたが、今では90点以下はしばらく見ていません。子供って本当にすごいです。このままいくと男の子が女の子を抜くのも時間の問題です。まさにウサギとカメです。どれだけ出来ない子供でも、毎日の積み重ね、習慣で子供は大人が思う以上に成長するし、スポンジのようにどんどん吸収します。継続は力なりです。

出来事

妊娠しているという話を2回も聞いた日

先日、知り合いの年下の子が妊娠しているという話をママ友から聞いた。それを聞いた1時間後、lineが来て、大学時代の友達も妊娠しているという連絡が来た。予定日の月は二人とも一緒。この少子化の時代、しかも、私の狭い交友関係で一日で二人の妊娠を聞くというのはめったにないことだ。

私には子供が三人いるので、もう産むつもりはないのだが、知り合いが妊娠したという話を聞くと、なんとも羨ましい気持ちになるのは私だけだろうか。妊婦時のお腹に赤ちゃんがいるという幸福感はたまらないものがある。私の中で、あの幸福感をもう一度感じたいという思いがあるのだろうか。もしくは、人類繁栄のための本能なのだろうか。

しかし、生まれた後は大変である。私の場合、三人目が一歳になるまでは大変で、ノイローゼになりそうだった。旦那も仕事で帰りも遅く、土日もいない。両家の親も遠くに住んでいて手伝ってもらうということは無理。上の子二人の面倒を見ながら、赤ちゃんが寝ている間に家事をやり、その間にできないこともたくさんあるので、抱っこと泣きつく赤ちゃんを放置して用事をこなしたり。慌てて食器洗いをしていたので、水回りの掃除なんかに手は回らず、汚れ放題。三人目が大きくなって余裕ができたときに、シンクの周りを掃除していると、長女に、「今までそこは汚かったのに、きれいになったね~。」と言われ、よく見ているなぁ、と感心した。もちろん、トイレも汚れたらキレイにする程度。なので、その頃は友達を家に招待することもできなかった。

赤ちゃんの面倒を見る一方で、上の子二人の面倒も見なければならないので、号泣する赤ちゃんを放置して、上の子の勉強を見てあげたり、話をきいてあげたりしていたなぁ。余裕がなかたので、ちょっとしたことでイライラすることが多々あり、上の子たちを怒鳴り散らしていたことがよくあった気がする。今でも多いかな・・

あれこれいろいろ考えてみたら、やっぱり私にはこれ以上産むのは無理。お金もないしね。来年の四月から、下の子も幼稚園に行くので、私も働こうと思っているところ。働いたら、ちょっとは余裕がでるかなぁ。その余裕で、何を買おうかな~、と考えるのが私の今のささいな楽しみである。

出来事

ついにレーシック手術をしました

小さい頃から目が悪く、中学からメガネ、大学からコンタクトを使っていましたが、この度その生活からあっけなくおさらばしました。裸眼で生活できるということにまだ実感が湧きません。

話題のレーシック手術を受けてきました。子供の頃は近視が治るなんて思ってもみなかったのに。医学の進歩はすばらしいですね。

昨日、事前検査で眼科に行き、角膜の厚さ等の条件が手術に問題がないことを確認。「いつ手術しますか?」「じゃあ明日で」という流れであっさり今日の手術が決定しました。

手術は約15分。終わった瞬間から裸眼で見えるようになり、メガネ をしまって普通に電車で帰宅しました。麻酔が切れてからは流石にちょっと痛かったけど、半日たって痛みも収まり、今は少しにじむけど格段に見えるようになりました。明日には完全に視力が回復するとのことで楽しみです。今は1時間おきに目薬をさしています。

仕事が暇で溜まった有給を消化している今だからこそ気軽に出来るのでと思って決心しました。

しばらくは、結膜炎とかになったらいけないのでプールに行ったりはできないのが残念ですが、でもこれからは裸眼で釣りに行ったりフットサルができるのが楽しみです

出来事

アメリカに住む日本人ユーチューバー

私の最近の日課は、寝る前にYouTubeを観ること。

特に最近は、アメリカで子育てしているユーチューバーが好きで、よくチェックしているんだ。

その人は、年齢非公開なんだけど、多分私と同い年くらいだから…20代前半。

知ったきっかけが、メイク動画のサーフィンをしていたら、高いメイク道具を使わずにメイクするという動画。

何かテクニックがあるかと思ったら、絵の具の筆を使うし、友達からもらった化粧品を使っているし、メイク動画内容としては、多分ダメな内容(笑)

だけど、その動画内でみせるお子さんへの笑顔やトーク・歌とか素晴らしすぎて!

なんといっても、みんなが虜になる理由はしゃべり方だと思う。

けだるそ~に喋るのかくせになってしまって、気付いたらアップしている動画全て観てしまった(笑)

観つくしたから、また何度もみてしまう!

コメントみてるとそういう人多いみたい!とっても魅力たっぷりなユーチューバーをこれからもチェックしていくよ!

出来事

車のエンジンがかからない、バッテリーが原因かも。

私が住んでいる地域ではめったに雪は降らないけれど、週末の寒波で久々に雪が積もりました。それが原因かもしれませんが、車に乗ろうとしたらエンジンがかからなくなりました。カーナビは起動して室内灯も点灯するので、おそらく原因はバッテリーにありそうです。普段何気なく乗っていたけど、いざトラブルで乗れなくなるとやや不便さを感じます。
車のパーツは消耗品であることを考えると、いつかは故障などしてしまいます。今回の車も動いて当たり前と思っていたけれど、ちゃんとトラブル無く車が動く事は奇跡的なんだなと身に染みました。当たり前に身近にあるもの大切さを知る事ができたので、これからは車や車以外の持ち物も、大切に使っていこうと誓いました。

出来事

いまさらなんですが、コウノドリが好き!

最近、「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」の人気がすごいですね。今週の視聴率は13%を記録したとか。私のツイッターフォローさんが190人いるから、その中の20人以上が逃げ恥を見ていることになるとか思うと面白いです。実際にツイッターで発言しているフォローさんは3人くらいなんだけど、実は見ているし好きっていう人もたくさんいるんだろうな。

最近一番仲のいい友達も、逃げ恥放送の日はツイッターやラインで大騒ぎしています。今週のひらまささんのどのシーンがかわいかったとかラストシーンは叫び声をあげてしまったとか、来週予告の倒れこむひらまささんが楽しみすぎてそれだけで一週間生きていけるとか。

もちろん私も好きなので、一緒にきゃぁきゃぁ言っちゃってます。

が、同時に、彼女に「コウノドリも見てね!」と言ってしまいました。

コウノドリのしのりん、こと四宮先生が大好きだったんですよ~。私が彼女に語ったのは、「過去に患者を甘やかしてしまって患者を健康にしてあげられなくて笑わなくなった、クールなお医者さんなんだけど、ときどきふわっと笑いそうになるところがあってみんなに愛されている」なんですが、彼女は「ときどきふわっとがいいのね!」と言ってくれました。

そうなんですよ!やっぱり彼女は分かってくれる!

家のハードディスクにあったコウノドリの録画、もう消しちゃったのが残念でなりません。残してたら、彼女とお家上映会してたのに~